まるよう深谷

企業PR

高崎だるまはの生産量日本一
高崎だるまは、群馬県高崎市の少林山達摩寺(高崎だるま発祥の寺)で今より300年ほど前、
東皇心越禅師により開山されたお寺で、この高僧が画いた一筆達摩の座禅像で一年中の悪事災難
を払い福運を迎えるお守り札として神棚にお祀したのが始まりです。
その後9代目の住職、東嶽和尚が一筆座禅像を模してだるまの木型を彫って紙張抜きのだるま造
りを豊岡(高崎市豊岡地区)の農家に造らせて、七草の縁日で売ったのが少林山だるま市の始ま
り、そして高崎福だるまの始まりです。
少林山だるま市は、毎年1月6日・7日の両日に少林山達摩寺境内でにぎやかに開催されます。
当店は高崎市豊岡地区で三代続くだるま工房です。

事業所概要

最終更新日:2006年08月10日
企業名
まるよう深谷
住所

〒370-0871 群馬県高崎市

設立または創業
1924年
従業員数
5人
業種
製造業 > パルプ・紙・加工品製造業 > 紙製品製造業
業務内容
伝統工芸品、高崎福だるま製造
所属団体
高崎商工会議所
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧