タヒボジャパン株式会社

企業PR

ブラジル原産の樹木茶「タヒボ」を発売し15年目となる。「タヒボ」は1500年以上の飲用の歴史をもち貴重な天然木の内部樹皮が原料となる。この樹木は抗炎症、利尿の生菓の位置づけもあり、健康維持や病気予防、対処にも用いられてきた。弊社は会用植物学の権威サンパウロ大学アコーシ名誉教授と現地にタヒボ研究所を設立、100種以上ある原木種の中から有効性の高い種を選別、また博士により厳選された特定地域の原料のみを使用している。「タヒボ」には様々な成分が含まれており、大学研究グループは弊社原料から新規成分NFD(ナフトフランディオン)を発見、その構造決定に成功し、日本癌学会、日本菓学会をはじめ国内外で多くの学会発表を行い論文発表をおこなった。弊社はNFDの特許を出願、日本で「発癌プロモーション阻審剤」米国で「抗癌剤」として取得、健康茶メーカーでは世界で初めてとして大変注目を集めた。この15年間宣伝広告ではなく実際に「タヒボ」を飲用した人から良さが伝わり販売が行われており本物商品だと言える。「タヒボ/TAHEEBO」はタヒボジャパン社の登録商標となっている。

事業所概要

最終更新日:2020年03月31日
企業名(カナ)
タヒボジャパン株式会社 (タヒボジャパン)
住所

大阪府大阪市中央区

資本金
2,500万円
設立または創業
1985年
従業員数
24人
URL
http://www.matrics.or.jp/taheebo/
業種
製造業 > 飲料・たばこ・飼料製造業 > 飲料製造業
業務内容
健康茶「タヒボ」〈製加卸入〉
所属団体
大阪商工会議所
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧