<工事中>遺言(遺言書)の相談や作成、死後事務の相談

☆遺言って自分にも必要なの?
☆遺言でどんなことができるの?
☆遺言書の書き方がわからない?

★遺言は、自分の意思を相続に法的に反映させることができます。こうしたい、こうしてほしいという思いを具体的に相続人に伝えるとともに、それを実現させる書面が遺言書です。遺言(遺言書)は、「あるべきもの」です。
★遺言では、自分の財産(遺産)の行き先を指定します。原則、この指定先は法的効力をもちます。例えば、「不動産すべては長女に」、「株式すべては次女に」、「預貯金半分は福祉団体に」などがあります。また、「〇〇の返済は△△が負担」もあります。注意する点として、遺言により相続人間で争いが起こらないようにしましょう。
★遺言書には、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」などがあります。それぞれ法律上の規定があり、それを満足しないと無効になってしまいます。遺言書の書き方や作成については、行政書士が親身になってお手伝いさせていただきます。ぜひ、ご相談ください。

◎死後事務とはどういうこと?
ある方がお亡くなりになった後に必要となる事務手続きを云います。例えば、
・入院や医療費の支払い ・死亡届の提出 ・葬儀や納骨 ・年金や医療保険の
死亡手続き ・各種契約の解除や支払い ・財産の処分 などです。

◎それは、妻(夫)や子供、兄弟姉妹がやってくれる。
一般的にはそのとおりです。自分の配偶者や子供、近い親族が死後事務を執り行うことが普通ですので、特に問題はないと思われています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ:
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ:
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ:
問い合わせ画面へ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
目黒区の行政書士 川上秀明 【相続・遺言・許認可、エレベーターアドバイザー】事業所概要詳細
所在地

〒152-0021 東京都目黒区