パソコンCD版ンディングノート「私の想い」の使い方ご紹介(その12)

円満な相続を希望している人が、エンディングノート「私の想い」を購入するか迷っている場合に、「私の想い」の使い方を(その12)としてご紹介いたします。

何と言っても預金、不動産、生命保険などの金額を入力した後に相続税の概算が自動的に算定されることが売りですので、その算定結果をどのように活用するかがポイントとなります。

今回は、相続税が掛るか掛らないかに係わらず、主な相続財産が自宅不動産で現金は多少しかないような場合、自宅を引き継がせたい相続人に対して他の相続人が不公平感を持ち、法定相続分を主張する可能性がある場合の対策の考え方の例をご紹介します。

*相続発生前、「私の想い」に相続財産(自宅不動産と多少の現金)を入力する⇒法定相続分に対して相続税が掛らないことが分かった⇒自宅不動産を特定の相続人が取得するような配分比率を入力して再計算させる⇒他の相続人の取得財産が少なく不公平となることが分かった⇒多少の現金によって、自宅不動産を取得することとなる特定の相続人を受取人とする生命保険に加入する⇒相続発生後に受け取る死亡生命保険金を他の相続人に代償金として支払うこととする⇒自宅不動産は特定の相続人が引き継ぎ、他の相続人には公平感を持たせられることが分かった!

以上のようなエンディングノート「私の想い」の活用方法があります。

事務所代表

渋谷相続士事務所のご案内は、オアシスナビ×ハートページにアクセスをどうぞ。

https://kaigo.oasisnavi.jp/houmonkaigo/tokyo/machida/750084/

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ:
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ:
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ:
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所事業所概要詳細
所在地

東京都町田市

Copyright© 2020 渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所 All Rights Reserved. © 2020 渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所