マンション管理組合運営の課題例のご紹介(4)

渋谷相続士事務所は渋谷マンション管理コンサルタント事務所としてもコンサルティングを行っており、このブログではマンション管理組合運営の課題例についてシリーズで掲載して参ります。今回は(その4)となります。

マンション管理組合の中には自主管理しているところがあります。この場合、建築後の年数が20年などと経過してくると様々な課題が発生してくることがあります。例えば、建物や設備の老朽化による大規模修繕の計画や組合員の高齢化による役員の成り手不足です。

解決の一案としては、大規模修繕などの技術的な実務経験のある事務員を、外部から理事会の補佐として雇用や委託をすることが考えられます。このような人材を確保すれば、役員の負担も軽減されることが期待できます。

電話とメール相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

渋谷相続士事務所のご案内は、オアシスナビ×ハートページにアクセスをどうぞ。

https://kaigo.oasisnavi.jp/houmonkaigo/tokyo/machida/750084/

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ:
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ:
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ:
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所事業所概要詳細
所在地

東京都町田市

Copyright© 2020 渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所 All Rights Reserved. © 2020 渋谷不動産相続・シニア関連総合コンサルタント事務所