物流作業の見直しによってロスを省き利益を生み出す

☆構内における物流作業を丁寧に見直し、作業効率を高めます。

構内物流作業は作業者の数や人手による作業が多く、作業改善によるコストダウンの余地があります。ムダな動きを削ることで作業時間を短縮し、作業効率を高めます。

作業改善

入荷・検品作業の見直し、棚入れ・保管作業の見直し、運搬経路の見直し、保管レイアウトや棚割りの見直し

ロケーション管理や先入先出管理の徹底、ピッキングン作業の見直し、作業動線・作業フローの見直し、標準化・マニュアル作りなど

物流作業には見直し可能な項目がたくさんあります。物流作業は、秒単位・分単位の短時間作業を繰り返す作業が多いため、小さなロスが積み重なって大きなロスにつながります。モノの流れと作業の流れに着目し、ムダな時間浪費を削っていきます。

物流は作業ミスが発覚した後のリカバリーに要する時間ロスが大変なものです。そのために現場作業や出荷作業が遅れると、1分すぎるごとに莫大なロスが生じていきます。

そもそも物流は人手による単調作業の繰り返しで作業ミスが起きやすい領域です。ミスの多い職場では、作業フローの見直しを行う過程で、ヒューマン・エラー防止策を講じていきます。
 
月5万円~ 現地診断の上、お見積りいたします。

株式会社技術経営フロンティア

関連ページ
http://www.ve-mot.com/
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ:
電話番号を表示する
   電話する
メールでのお問い合わせ:
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社技術経営フロンティア事業所概要詳細
所在地

愛知県名古屋市中区

Copyright© 2020 株式会社技術経営フロンティア All Rights Reserved. © 2020 株式会社技術経営フロンティア