※応募は1社につき1度のみとなっています。
※詳細な情報が分からなくても、過去の実績や自社のPRをなるべく盛り込み、買い手へご応募ください。
※「質問」は応募の事前確認の場です。入力された内容はすべての方に公開されます。
※詳細なご提案やお見積りは、買い手からの商談申込後、個別に行ってください。
受付終了
案件名:

大手メーカー案件:(大阪ガス)3-11 狭い場所でも土砂を掘削や吸引できる工具


募集期限 2020年11月10日まで募集受付
応募受付後の売り手への返答目安 2020年12月10日を目安に返答されます
商談状況 応募数:1件 内、 商談中:1件
案件内容 1.探索の概要・依頼内容
・堀削機による堀削作業が困難な狭所現場などでも土砂が堀削・吸引作業ができる工具
           
【想定している用途】
・スコップ、つるはし等に替わる堀削
・土砂揚げ工具

【対象とするアプローチ】
・既存工具の提案
・新技術(工具等)の試作

2.探索の段階
試作段階

3.探索の背景・課題
堀削機が侵入できないよう狭所、現場や堀削機の使用が困難な現場では、
スコップ等による手掘り堀削を実施しているが作業者の体力的負担が大きい。
作業者の負担を軽減できる工具等が求められている。

4.探索にあたっての条件
・狭所でも容易に使用可能な工具(装置)
・土砂の吸引が可能な工具(装置)
・地下埋設管に接触しても損傷を与えないもの

5.数量情報
【想定されるビジネス規模】200セット程度
【開発スケジュール】提案から1年以内

6.提案企業に求める条件
・実用化済み(他業界などで実績あり)
・実証済み(ほぼ完成品)
・要素技術確立済み(これから商品化)           
予算 ご相談
頻度 スポット
メッセージ 追加資料をご確認ください
応募用紙をご利用ください
取引対象地域 北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄

質問・回答コーナー ※この案件に関する事前質問と回答の一覧

:買い手   :売り手

売り手
2020年10月19日 15時13分
お世話になります。
ご担当者様へ

質問になります。
・掘削する穴の大きさと、深さについて教えて下さい。
・合わせて、削岩する主の地質は土壌でしょうか?岩盤でしょうか?
・現場は地上でしょうか?地下でしょうか?
・吸引車両は利用できる作業環境として考えて良いのでしょうか?
・現状の穴を堀削するのに必要時間と、工数は?
・目標とする工数の削減目標は有りますでしょうか?


買い手
2020年10月19日 21時08分
ご質問ありがとうございます。

【ご質問1】掘削する穴の大きさと、深さについて教えて下さい。
 ⇒本件は、掘削機による掘削作業が不可の狭所現場に於いて、現状では人力で手掘り掘削している現場を対象にしています。
  現場環境を大きく分けると
   ①敷地内での掘削作業:おおよそ1.0m×1.0m×深さ0.6~1.0m  *作業者2名/班 程度
   ②狭所現場での配管作業:幅0.5~0.6m×長さ10m/日×深さ0.6~1.0m程度  *道路幅2m以内 *作業者4~5名/班 程度 (掘削作業は2~3名)

【ご質問2】合わせて、削岩する主の地質は土壌でしょうか?岩盤でしょうか?
 ⇒掘削対象は、土壌です。(砂質土、山砂、粘土など一般的な土壌)

【ご質問3】現場は地上でしょうか?地下でしょうか?
 ⇒地上です。道路掘削になります。

【ご質問4】吸引車両は利用できる作業環境として考えて良いのでしょうか?
 ⇒上記敷地内作業であれば道路面に車両を停車することは可能かと思いますが敷地内には侵入不可です。
  狭所現場であれば侵入不可です。
 ⇒吸引車両の場合には、車両の大きさが2t以下が望ましいと思います。

【ご質問5】現状の穴を堀削するのに必要時間と、工数は?
 ⇒①敷地内:3か所/日  (午前1現場、午後2現場のイメージ)
  ②同一現場で10m/日程度 

【ご質問6】目標とする工数の削減目標は有りますでしょうか?
 ⇒本件の目的は、作業者の労力を軽減させることにあります。
  労力が軽減でき、さらに効率が向上すれば良いという考えです。
  但し、現状の施工能率を低下させないことは当然ですが。

 簡単ですが以上がご回答になります。。

 本件に関しましては、人力での作業(掘削、埋め戻し作業)をサポートできる工具、装置のご提案を希望しています。
 よろしくお願いします。

募集企業の概要
社名 ログインすると募集企業の概要を表示します。※クリックしてログイン
都道府県
資本金 従業員数
設立・創業 所属団体
業種
募集企業のこれまでの商談実績  (本件も含む)
募集案件数 142件 商談実績数 58件 商談成立数 2件
※応募は1社につき1度のみとなっています。
※詳細な情報が分からなくても、過去の実績や自社のPRをなるべく盛り込み、買い手へご応募ください。
※「質問」は応募の事前確認の場です。入力された内容はすべての方に公開されます。
※詳細なご提案やお見積りは、買い手からの商談申込後、個別に行ってください。

ザ・商談モールのご利用について

商取引をはじめる前に

「ザ・商談モール」では、利用規約に基づいて買い手企業より申請された「買いたい案件情報」を原則として、そのまま掲載しております。

掲載情報については「利用規約」に従い、あくまで利用者の責任においてご利用ください。

「ザ・商談モール」に関するお問い合わせは、ザ・ビジネスモール事務局(大阪商工会議所内)までお願いします。

「ザ・商談モール」は大阪商工会議所と事業に参加する各地商工会議所等(以下「登録団体」という)の責任のもとで運営するものであり、実施されるサービスについては日本商工会議所及び登録団体でない各地商工会議所が実施・関与するものではありません。 (免責事項参照


 商取引をはじめる前に(必読)