中小企業の海外進出の潮流のなか、満を持して「タイ進出」を決断!!

中小企業の海外進出の潮流のなか、満を持して「タイ進出」を決断!!

西淀川区佃に工場を構える末広工業株式会社は高い精度を求められる各種産業機械などステンレス加工の小ロットの特注品(オーダーメイド品)に特化して製造・販売を手掛ける「元気企業」である。1964年の創業より半世紀を経て、社長はかねてより構想していた海外進出を決断し、世界の成長センターとして注目される東南アジアの中でも、すでに日系企業8,000社が進出している「タイ」に、数次の入念な視察・情報収集を経て、いよいよ乗り出すこととなった。
同社は持ち前の行動力と技術力、製品力で、とりわけ、地元ローカル企業には真似できない品質と納期の厳守を誇るオーダーメイドの独自性を武器に、現地企業のニーズに100%マッチした製品で供給し、国内完結するという、いわば、地産地消の受注システムを構築することで、技術立国「日本」の実力を海外に示すことがこの進出の大きな目的である。
想定されている現地法人「末広工業タイランド」の概要は、立地は首都バンコクから車で約1時間、100km圏内で、ヘマラート・チョンブリ工業団地内に1区画800坪の賃貸工場を確保している。出資負担は日本側49%・現地出資51%、さらに人員構成については、日本人役員1名に対し、タイ人4名の比率を要するため、採用面では地元大学の学部長の紹介により現地の優秀な人材を予め決定し、まず、日本で1年間訓練養成したのちにタイ人の技能スタッフとして稼働する計画である。             
社長は今回の進出予算について一定の上限を設定のうえ、重機設備等の現地調達を含めて、当面2年間で黒字化のメドが立たなければ早期撤退するという慎重な姿勢も見せている。また販路開拓には日本から末廣社長と工場長が交互にあたって展開する計画で、アセンブリメーカーを中心とした現地日系企業を対象に、品質と納期の優位性を強味にシェアアップを目指す。
末広工業㈱が西淀川区を代表するものづくりの元気な企業として、これを機会にさらに勇躍されることを祈ってやまない。(北支部)
(※ニューズレター261号(発行:大阪商工会議所)より抜粋)

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
末広工業株式会社事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市西淀川区