顎関節症

顎関節症

当院が推奨する生活習慣からの改善方法

〇適度な運動や休息、バランスの取れた生活が大切です

精神的ストレスや疲労を蓄積させた生活習慣は、顎の健康な運動に大きな支障をきたします。口の開口や咀嚼に携わる筋群の全てはストレスの影響を受けやすいのです。例えば疲労を蓄積すると、側頭筋は緊張し、固くなります。また、さらに疲れると、側頭筋は緩み、ほうれい線も深くなります。 肩こりや喉の緊張は、口のスムーズな開閉を妨げます。首や肩のこりを解消したり、精神的ストレスをやわらげることが必要です。。側頭筋や咬筋、首の筋群、肩背筋群の緊張を取り除くことで、顎の開閉はしやすくなるのです。
左右両方の歯でまんべんなく噛む

できるだけ左右両方の歯でまんべんなく噛むことで、左右の筋肉のバランスが取れて、顎の動きがスムーズになり、歪みが改善されます。
寝る前に深い呼吸をしながら眠る

気がついたら奥歯をかみしめていることに気づくことがよくあります。どうして寝るときまで歯を食いしばっていなければならないのかと思うのですが、日中の緊張が続いて取れていないのです。 その時は深呼吸をして、ゆっくりもうゆっくり安心して休めばいいんだよ、と暗示を繰り返します。そして奥歯をそっと上下に離し、唇を緩めます。 1日に感謝し、今日できなかったことを反省し、明日への思いを新たにぐっすりと眠ります。 歯ぎしりは脳の緊張が原因です。その日にあった感情的ストレスを睡眠中に発散させる行為である共言われたいます。ですから、寝る前に深い呼吸をしながら眠ることをお勧めします。深い呼吸は、脳の緊張をやわらげ、自律神経を整えます。 寝る前は10分ほど1日を思い返すことで、頭の中が整理できるものです。 頭の中がきちんと片付くと、たいしたことでないことで心配していることに気づくこともよくあるものです。また、朝起きたら良いアイデアが浮かぶものです。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
原田鍼灸整骨院事業所概要詳細
所在地

〒561-0853 大阪府豊中市