キラリと存在感のある K-iwamiのバッグは、 「こだわり」の逸品です。

キラリと存在感のある K-iwamiのバッグは、 「こだわり」の逸品です。

全国の神々が集うところ「しまね」。
そのしまねの西部の「石見(いわみ)」で弊社は創業から80年間、日本の伝統のきものを扱ってきました。
その島根にも素晴らしいものが沢山あることを知って頂きたい。  また、長年きものを扱ってきた「日本の伝統工芸」の匠の技も後世に残していきたい。この2つの思いを託して出来上がったのが、「K-iwami」のレディースバッグ「極み」シリーズです。

特徴 1 「紙から糸を作る」という日本の伝統技術をもとに、先端の設備と技術で開発されたのが天然紙繊維「神ノ糸」です。
超軽量布に織り込まれた天然紙繊維「神ノ糸」は、繊維会社のダイワボウノイ株式会社と王子ファイバー株式会社が共同開した、島根県の環境でのみ生産が可能となっている日本オリジナルの繊維です。
特徴 2  K-iwamiのバッグは、黄綬褒章受賞された、東京・墨田区にある大松染工場の伝統工芸士 中條 隆一氏に染めていただきました。ほとんどの「江戸小紋」を染める染工屋さんは、シルクに染める技術はもっていますが、それ以外の素材を染める技術を持っておりません。
大松染工場は着物を染める技術はもちろんのこと、他の素材を「江戸小紋」の染色技法を使って染め上げる技術を持っております。
ここにしかない上品で美しい「こだわり」の「江戸小紋」染の技です。
特徴 3 「始澤バッグ」さんはバッグ縫製ひと筋の会社です。
あの有名な「世界のファッション・イトキン」から、バッグ製造を依頼された実績があります。
代表の始澤 建次氏が筆頭となって、熟練した技術と縫製センスをもった社員さんに、丁寧かつ正確な縫製で、ひとつひとつ丹念に弊社「K-iwami」のバッグを作っていただいています。


弊社、株式会社むらたやの代表取締役 村上徹は「神ノ糸」を含有したの超軽量布を、東京の伝統技法「江戸小紋」の技法で染め上げることに成功しました。この新素材「神ノ糸」を織り込んだ超軽量布を使用し、従来にない軽量な高級洋装レディースバッグができました。

このような「こだわり」を結集させて出来上がったK-iwamiのバッグ・ショルダーポーチ・化粧ポーチのラインナップ。
新しい技術と伝統の技をコラボして出来上がったのが「K-iwami」の新感覚の洋装向き商品です

関連ページ
https://k-iwami.com/
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
BMユーザーのみ公開(ログイン)
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社むらたや事業所概要詳細
所在地

〒698-0024 島根県益田市