突発性難聴専門ハリ治療 名古屋市 八事日赤向かい医療ビル内 

突発性難聴専門ハリ治療 名古屋市 八事日赤向かい医療ビル内 

当院のハリ治療

東洋医学研究センターでは、耳鼻咽喉科疾患の鍼治療を総称して「耳鳴り鍼(ハリ)」と呼び、その中でも特に、耳鳴り・突発性難聴・顔面神経麻痺・メニエール病の各疾患について、それぞれの症状に合ったハリ治療を行っています。

 
突発性難聴は、急性感音難聴のうち原因不明とされるものです。

診断基準として、「隣り合う3周波数で各30デシベル以上の難聴が72時間以内に生じたもの」という内容も最近加えられつつあるようです。この疾患は近年急速に増えており、1993年には人口10万人当たり19.2人だったものが、2001年には27.5人、2012年には60.9人との報告があり、ストレスとの関連も指摘されています。

未だ不明とされている原因ですが、血液の循環障害、ウィルス感染、内リンパ水腫、アレルギー、中毒など諸説あり、現在は血液の循環障害とウィルス感染が最も有力視されています。西洋医学ではステロイドの全身投与(内服または点滴)および鼓室内投与が中心に行われ、理想的には発症2日以内、出来れば2週間以内の治療開始が望まれます。

治療期間は2〜3週間で、発症1か月以降の効果はあまり無いようです。それ以外には、施設により高気圧酸素療法、混合ガス吸引療法、星状神経節ブロックなどが行われています。

〒466-0032 名古屋市昭和区山手通3-9-1
                日興山手通ビル3階
          東洋医学研究センター付属治療院

名古屋市営地下鉄 名城線 八事日赤駅1番出口 直結

電話 052-833-5545
詳しくはHPを ご覧ください。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
東洋医学研究センター  ハリ治療専門事業所概要詳細
所在地

愛知県名古屋市昭和区