プラセンタ 糖尿病 専門 小早川医院 脊柱管狭窄症 更年期障害 名古屋市 昭和区

プラセンタ 糖尿病 専門 小早川医院 脊柱管狭窄症 更年期障害 名古屋市 昭和区

プラセンタとは、母親のおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割を持った「胎盤」のことです。プラセンタ療法とは、ヒトや動物の胎盤から抽出したエキスを用いた治療法を意味します。
プラセンタは体内においてある種の調整作用を持ち、各部位を本来あるべき状態に戻す力を発揮します。その作用から、自然治癒力を高める自然薬として注目を集めています。

プラセンタは次のような実に幅広い症状に対して効果を発揮することが報告されています。
・肝臓疾患:肝炎、肝硬変など
・婦人科疾患:更年期障害、冷え症、月経前症候群(PMS)、生理痛など
・整形外科疾患:肩こり、五十肩、腰痛、膝痛、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など
・アレルギー疾患:アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎など
・耳鼻科疾患:耳鳴り、めまい、メニエール病、嗅覚障害など
・精神神経疾患:うつ病、自律神経失調症、不眠症など
・自己免疫疾患:関節リウマチなど
・歯科・口腔外科疾患:口内炎、味覚障害など
・肌の老化:肌荒れ、乾燥肌、シミ、シワ、たるみなど
・その他:頭痛、慢性疲労症候群、滋養強壮、精力増強、抗がん剤・放射線治療後の副作用軽減、術後の回復

プラセンタ療法には注射と内服があります。注射の長所は、内服に比べて速効性があることです。短所は、効果を発揮・持続させるには定期的に通院して、毎回皮膚にはりを刺さなければならず、多少なりとも苦痛を伴うことです。
何か辛い症状をお持ちで、できるだけ早く治したい場合には注射を、時間がかかってもよいから徐々に症状を改善したい場合や、健康増進、アンチエイジングあるいは美容などの目的でプラセンタの効果を得ようとする場合には、内服が適しています。

プラセンタ療法は自費医療です。(更年期障害、肝炎などでは保険適用となることがありますので、ご相談ください。)

初診料:2000円
注射:注射薬(メルスモンまたはラエンネック)1アンプルにつき1000円
内服:1か月分(標準的な量)10500~14700円

プラセンタは50年以上も医療の現場で使用され続けているにもかかわらず、重大な副作用は全く報告されていませんし、当院でも経験がありません。時々見られるのは、注射部位の発赤・かゆみ・腫脹や吐気などの軽微な副作用です。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
小早川医院事業所概要詳細
所在地

〒466-0821 愛知県名古屋市昭和区